◆最適な着用時期 10月~翌年5月の袷頃

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません。

◆着用シーン 観劇、お食事会、お稽古事、街着、ランチなど

◆あわせる帯 お洒落袋帯、九寸名古屋帯、八寸名古屋帯、半巾帯


◆表裏:絹100% (お誂え・お仕立ては手縫いです)
背より身丈161cm(適応身長156cm~166cm) (4尺 2寸 5分)
裄丈68cm (1尺 8寸 分) 袖巾34cm (9寸 0分)
袖丈49cm (1尺 3寸 0分)
前巾24cm (6寸 3分) 後巾29cm (7寸 7分)
◆八掛の色:薄群青色
【本場琉球花織】 特選手織花織紬
============================
【裄丈のお直しについて】
概算ではございますが、以下の最長裄丈までお出しできるものと思われます。
≪最長裄丈≫ 裄丈70cm (1尺 8寸 5分) 袖巾35.5cm (9寸 3分)
詳細はお気軽にお問い合わせ下さいませ。
============================

◆新古品・中古品は現品限りですので売り切れ次第終了となります。

◆中古品として仕入れてまいりましたが、大切に保存されていたのでしょう、美品でございます!お手元で現品を確認の上、お値打ちに御召くださいませ!


琉球ものの魅力。
南国の暑い風に…
人々のおおらかな心を感じる琉球の織物。
なんとも味わい深い花織紬のご紹介でございます。

証紙はございませんので工房の詳細はわかりかねますが、
目利きの超お値打ち価格でご紹介させていただきます。

さらりと本当に軽やか…
お手元で是非その上質さをご覧頂きたく存じます。
ぜひこの機会、お見逃しなく!

15世紀頃に南方から伝えられたと言われる花織。
かつては琉球王朝の御用布となっており、祭礼時以外は庶民が着用することを禁じられていたほど、非常に手が込んだ贅沢な織物でした。明治時代より生産が途絶えて幻の織物となっていましたが、戦後わずかに残っていた文献や資料、小さな布片などから手がかりを得て、地元の織り手さんの力で蘇りました。

穏やかな枯草色の地に、ふわりと咲く花織意匠。
青色と黒緑色の格子模様が織りなされましたその絹地には、
絹艶の美しい菱襷模様が花織にて表現されております。
緯糸を浮かせることで生まれた花織の魅力たっぷりの一枚。

素朴な趣きに漂う、琉球王朝の誇りと気品。
花織は、織り手のほとんどが高齢で、後継者の数も少なくなってきております。
やさしく女性らしいムードに、凛とした芯の強さをお楽しみください。

究極のおしゃれ着をお届けいたします。
琉球の心を、その表情にご堪能ください。

お袖を通せば、ふんわりと軽くやわらかに。
上質な琉球の織物を、どうぞ大切にお召し下さいませ!
※仕立てあがった状態で保管されておりますので、たたみシワなどがあることがございます。この点をご了解くださいませ。
※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が少々異なる場合がございます。
[文責:中村 浩二]

▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
ログアウト
メニュー

【爆売り!】 【本場琉球花織】特選手織花織紬≪御仕立て上がり・中古美品≫「菱格子」美しき絹の艶めき…目利きの方、必見!身丈161 裄68:京都きもの市場 店

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

【爆売り!】 【本場琉球花織】特選手織花織紬≪御仕立て上がり・中古美品≫「菱格子」美しき絹の艶めき…目利きの方、必見!身丈161 裄68:京都きもの市場 店

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報