・開放F値1.4の明るさを持つ、デジタル専用の大口径標準レンズ。
・フォーカシングによってレンズ全長が変わらないリアフォーカスを採用。
・非球面レンズの採用で高い描写性能を実現、30cm から無限遠まで全域にわたりシャープな描写力。
・HSM搭載によりAFスピードの高速化と静粛性を実現、フルタイムマニュアルも可能。
・スナップ、ポートレート、風景など、幅広い分野での撮影に対応。

仕様
レンズ構成  :8群9枚
画角(SD1)  :50.7°
絞り羽根枚数 :9枚(円形絞り)
最小絞り   :F16
最短撮影距離 :30cm
最大倍率   :1:6.8
フィルター径 :Ø62mm
最大径 × 全長:Ø74.2mm x 63.3mm
重量     :435g

※がお勧めです。。  
ログアウト
メニュー

【NEW限定品】 Sigma Art 30mmF1.4 DC HSM 大口径ハイスピード標準レンズ デジタル一眼レフ専用レンズ[02P05Nov16]:カメラのミツバ

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

【NEW限定品】 Sigma Art 30mmF1.4 DC HSM 大口径ハイスピード標準レンズ デジタル一眼レフ専用レンズ[02P05Nov16]:カメラのミツバ

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報