Image-Line FL STUDIO 20 Signature クロスグレード版 解説本バンドル

FL STUDIO 20 Signature クロスグレード版に解説本「FL STUDIO 20 攻略BOOK」がバンドルされた製品です。

※クロスグレード版は、他社製音楽制作ソフトウェア (デモ版、トライアル版、インターフェイスやMIDIキーボード等にバンドルされた無償版を除く) や対象ハードウェアをお使いの方がご購入して頂けるパッケージです。ソフトウェアの内容は FL Studio 20 Signature と同一となっています。

■クロスグレード対象製品:
Propellahead : Reason
Bitwig : Bitwig Studio
Ableton : Live
Steinberg : Nuendo / Cubase
Cakewalk : Sonar
Apple : Logic Pro
Avid : ProTools
Magix : Sequoia / Samplitude
MOTU : Digital Performer
PreSonus : Studio One Professional
Internet : Singer Song Writer / ABILITY
Sony Creative Software : ACID / Vegas
Novation : Launch シリーズ
Native Instruments : TRAKTOR / MASCHINE / KOMPLETE KONTROL S シリーズ



基本エディションである "Producer" にさらにパワフルな7種類のプラグイン(NewTone、DirectWave Full、Harmless、Fruity Video Player 2、Hardcore、Pitcher、Gross Beat)を追加したエディション。

誕生から20年、常に「最先端」であり続けるデジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)、それが FL Studio です。
作曲、編曲、エディット、レコーディング、ミキシング、マスタリングにおいて必要とされるものが集約されており、これらの有機的な統合があなたのクリエイティビティをおおいに刺激することでしょう!

・マルチトラックレコーディング、タイムストレッチ、ピッチシフトといった本質を押さえながら、さらに使いやすく進化したオーディオ機能
・業界をリードするピアノロールエディター、MIDIレコーディング、パターン制御によるリニアなワークフロー
・マルチトラックミキサー、オートメーションコントロール、VSTプラグインのサポート

主な新機能
・Mac環境への対応
FL Studio は、本バージョンより待望の Mac(macOS 10.11 以降)環境対応を果たしました**。ネイティブの64ビットアプリケーションとして、VSTはもちろん、AUプラグインもサポートします。制作したプロジェクトは Windows と Mac 間で互換性を持ち、この相互運用性は両プラットフォームにインストールされている使用可能なサードパーティ製プラグインにも及びます。
**FL Studio 20 Macバージョンでは使用できない、もしくは対応準備中のプラグインがいくつかあります。

・タイムシグネチャー(拍子記号)
プレイリストとパターンの両方で無制限の拍子記号を設定可能です。FL Studio のユニークなパターンシステムにより、プレイリスト中に異なる拍子記号を混在させることも可能です。

・In-situ レンダリング(フリーズ)
選択したオーディオやパターンクリップをオーディオにバウンスします。共有のためにオーディオテイクを1つのオーディオクリップにまとめステムを作成したり、エフェクトやバーチャルインストゥルメントをオーディオにレンダリングすることでCPU負荷の軽減も期待できるでしょう。

・プレイリストの「アレンジ」機能
プレイリスト中に複数の「アレンジ」を持たせることができるようになりました。複数のバージョンを差し替えることにより、納得いくまでアレンジのアイデアを練ることができます。

・プラグインの遅延補正(PDC)
今日の複雑なワークフローをサポートするために、PDCは完全に再構築されました。マニュアルでもオートでも、様々なオーディオバスにおいて補正が適用できます。


■各エディションの主な機能
FL Studio 20 ボックス版には、Fruity、Producer、Signature の3つのエディションがあります:
Producer には、主要機能のほとんどが備わっています。
Signature には、Producer が備える機能にさらなるプラグインが追加されています。
Fruity はオーディオ機能には対応していませんが、上位エディションと同一のシーケンサーと基本的なソフトシンセが装備されたエントリー向けのエディションとなっています。


システム必要条件
OS:
Microsoft Windows 7、8、10 以降(64ビット版)
macOS 10.11 以降

共通:
4GB 以上の空きストレージ
4GB 以上のRAM
対応するオーディオインターフェイス
XGA以上の解像度のディスプレイ (SXGA以上を推奨)
インターネット接続環境

多くのバーチャルインストゥルメントやエフェクトの処理を実行するためにはマルチコアのなるべく速いCPUやより余裕のあるRAMを搭載したコンピューターをご用意頂くことを推奨します。
ログアウト
メニュー

好評 Image-Line FL STUDIO 20 Signature クロスグレード版 解説本バンドル:chuya-online

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

好評 Image-Line FL STUDIO 20 Signature クロスグレード版 解説本バンドル:chuya-online

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報