商品詳細
手元供養地蔵Ⓡは、内部にご遺骨や大切なお品を収納する事が出来る、合掌したお地蔵さまの姿をした手元供養品です。「散骨するけど、少しだけは残しておきたい...」そんな声にお応えします。


●ご遺骨は湿気が大敵
火葬した後のご遺骨、特に粉状にしたものは大変水分を吸いやすい状態になっています。密封性が不十分な容器に入れておくと吸湿してカビや異臭発生の原因となります。手元供養地蔵Ⓡは、メモリアルカプセルとお地蔵さま本体の2重密封構造。金属と比べてどうしても耐用年数が劣るゴムパッキンは一切使わず、金属加工の精度だけで湿気をシャットアウトします。

●守り続ける強さ
ご自宅で保管する手元供養は、取り扱いによる転倒や破損、地震など自然災害等を考慮するのが大切。これらの脅威から守るため、手元供養地蔵Ⓡは頑丈な鋳物で作られています。メモリアルカプセルもステンレス鋼材から削り出した肉厚構造として優れた強度を発揮します。お墓に納めるのとは勝手が違う手元供養だからこそ求められる機能です。

●手を合わせる文化
核家族化が進み、仏間もない住居が多くなった現代において、手を合わせる文化はとても大切。手元供養地蔵Ⓡは、手を合わせて祈り、感謝し、供養するという行為を具現化した、おだやかで優しい表情のお地蔵さまです。

●ブロンズ鋳造のこだわり
奈良の大仏、鎌倉の大仏、自由の女神…古来から仏像や多くのモニュメントはブロンズ鋳造で出来ています。それは強度に優れ、周囲環境に負けず何年もそのカタチを保ち続ける普遍性にあるといって良いでしょう。年月とともに緑青が生じて味わい深い表情に変わっていくのもブロンズならではの魅力です。手元供養地蔵Ⓡもブロンズ鋳造です。当社は、今から500年近く前に京都から埼玉県の川口に移り住み、鋳物産業を興したとされる川口鋳物師5人衆の一人である永瀬利右衛門を始祖とし、代々に渡り鋳物を作り続けています。金型を使わず手作りで仕上げた工芸鋳物と工業製品に求められる高精度加工技術が融合した「手元供養地蔵Ⓡ」は、当社がもっともおすすめしたい品物です。

●豊富なカラー
生地古美、ろくしょう
※金、おはぐろ、あかぐろ、おはぐろ古美、銀、アイボリー、24K金めっきは別の商品ページにございます。

●文字入れ対応(有料オプション)
本体の背中にお名前などの文字を焼き入れることが出来ます。ご希望の場合は本体と併せてご注文ください。後から焼き入れる事も可能です。

SPEC

商品名    :手元供養地蔵Ⓡ
製造者    :ナガセ
本体素材   :金属(ブロンズ、真鍮、ステンレス)
本体サイズ  :幅90×奥行75×高さ110 (mm)
本体重量   :約750g(カプセルを含む)
標準セット内容:本体、カプセル、仏具敷き

知っておいて頂きたいこと

〈本品について〉
・外観着色作業の関係で収納庫内部に汚れのような変色が発生しますが異常ではありません。
・文字入れの場合、ご注文後のキャンセルは出来ません。
・製品は手作りによる工芸品ですので、一品ごとに仕上がりが多少異なります。
・製品の色は写真画像ですので、実際の色と異なる場合があります。
・製品の仕様、デザインは改良の為、予告なく変更する場合があります。
・製品に同梱包の説明書を参照のうえ正しくお取り扱いください。

手元供養のナガセ:
kuyou-nagase@shop.rakuten.co.jp

■ お墓を持たない新しい供養のカタチ ■

メニュー

完売 ブロンズ精密鋳造ミニ骨壺【手元供養地蔵】生地古美(C3)・ろくしょう(C9)高強度 高気密 地蔵 仏具 遺産 分骨 遺骨 遺灰 自宅供養

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

完売 ブロンズ精密鋳造ミニ骨壺【手元供養地蔵】生地古美(C3)・ろくしょう(C9)高強度 高気密 地蔵 仏具 遺産 分骨 遺骨 遺灰 自宅供養

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上