ボタン1つで照射切り替え可能

D36 5800はデュアルビームだから、
4200ルーメン、120°の強力投光照射、
1600ルーメン、53°のスポット照射を使い分けられます。

ボタン1つで、広範囲照射も近接照射も簡単に切り替え可能です。


CREE社製LEDを搭載

CREE社のLEDを搭載しています。
CREE社のLEDは品質が良いので、安心してご使用いただけます。

広範囲用、スポット用、共にCREE社製のLEDを装備しています。


照明モード

投光照明モード
:4200ルーメン 74分/2100ルーメン 148分/1200ルーメン 342分

スポット照明モード
:1600ルーメン 155分/750ルーメン 407分/400ルーメン 892分

投光+スポット照明モード:5800ルーメン 45分
点滅モード :2100ルーメン
SOSモード :750ルーメン


2つのボタン操作で照明モード変更可能

2つある大きいボタンのどちらか1つを押すだけで
照明モードの変更が可能です。

投光照明モード4200ルーメン(初期設定)。
スポット照明モード1600ルーメン、
投光+スポット照明モード5800ルーメンなど
9種の照明モードを選択できます。


点滅モード

左側のボタンを1.5秒長押しすると、
投光照明モードから
点滅モードに切り替えられます。
(2100ルーメン、1秒点滅)

左側のボタンをもういちど押すと、
元のモードに切り替えられます。


SOSモード

SOSモードがありますので、
潜水中などの緊急時に役立ちます。

SOSモードはライトの点滅パターンにより
SOSを求める信号をだします。

低電力表示

現行モードの最高明度の2%ほどの明度となります。
電池交換の時期を知らせるだけでなく、緊急時にも役立ちます。


事前にダイビングプランが立てられる

OLEDスクリーンで180°の広視野を確認することができます。
事前にダイビングプランを立てるのに非常に便利です。


美しいデザイン 高品質の電池パック

18650電池3本で、長く安定した照射を行うことができます。
充電と放電の両方を行うことで、過充電や過放電などによる
電池パックの損傷を防ぎ、電池パックの寿命を最大限に延ばします。


抗腐食素材を使用

6N03航空陽極酸化アルミニウム合金 タイプ3、
ハードアナダイズド、抗腐食加工を施しています。
抗腐食性に優れていますので、
懐中電灯の寿命を最大限に延ばします。

電池パックの接触部分は非伝導性のシリンダーに
保護されていますので、抗腐食性に優れています。


水深100mまで潜水可能

防水レベルIPX8(水深100mまで潜水可能)、
専門機関による厳正なる検査に合格しています。


ゴールド・プリント・スプリング採用

酸化を防ぎ、効率的に作動、接触不良を防止します。


極性反転防止機能

バッテリーパックの接触面は、独自のデザインにより、
極性反転による機器の損傷を防ぐように設計されています。


優れた温度制御機能

優れた放熱設計で、地上で使用した場合でも
動作温度を低い状態に保つことができ、
懐中電灯の寿命を延ばします。


同梱内容

懐中電灯本体
バッテリーパック
Oリング
ストラップ
取扱説明書
12V 2Aアダプタ



































ログアウト
メニュー

【海外輸入】 XTAR エクスター D36 5800 ダイビング用 懐中電灯 ダイビングライト 水深100m 潜水可能 最大 5800ルーメン 防水 IPX8 CREE社製 LED ハンディライト フラッシュライト バッテリー付属:オレメカ

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

【海外輸入】 XTAR エクスター D36 5800 ダイビング用 懐中電灯 ダイビングライト 水深100m 潜水可能 最大 5800ルーメン 防水 IPX8 CREE社製 LED ハンディライト フラッシュライト バッテリー付属:オレメカ

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報