タイバー商品詳細
素 材 本体はシルバー925(裏面パーツを除く)
横 幅約58.0ミリ
高 さ約5.5ミリ
重 量約9.4グラム

カフリンクス商品詳細
素 材 本体はシルバー925(裏面パーツを除く)
横 幅約20.5ミリ
高 さ約12.5ミリ
重 量 約7.6グラム(片方)


セットモデルは単品でご購入されるより1,200円お得です。

単品のタイバー(ネクタイピン)もございます。

単品のカフリンクス(カフス)もございます。

この商品のおすすめポイント
精悍な印象で







BizONの誇り
BizONのタイバー(ネクタイピン)、カフリンクスは本体にシルバー925の貴金属を使った贅沢で丁寧な作りが特徴です。
ぜひ製 品画像をクリックして拡大された写真をご覧になって作りの良さをご確認ください。
全製品にBizONの刻印と品質保証書がついています。

シルバー ネクタイピン カフス 刻印 保証書 貴金属



使えるアイテムです。
タイバー及びカフリンクスのデザインは年齢を選びません。
永く使うものだからこそ高品質なものを選びましょう。
若い男性からミドル、シニアの方までいつまでも大切に使えるアイテムです。
贈り物にしたら間違いなく喜ばれるはずです。 無料ラッピングと手提げ袋もついてプレゼントにも最適です。


シルバー ネクタイピン カフス 装着 ビジネ

ス



あなたが輝くツールです。
あなたのワイシャツの袖口はになっていませんか?
袖口のボタンの横にもボタンホールがついていたらそれはコンバーチブルと言ってカフリンクスの装着が可能な形状です。
必ずしもダブルカフスなどの専用のシャツである必要はありません。
できるビジネスマンの必需品 カフリンクスを使ってみましょう。
さりげないおしゃれでスーツの似合うあなたが更に「好感度アップ」し ます。
しっかりした身だしなみがビジネスにおけるあなたの「信頼度アップ」 をします。
シンプルなデザインなので年齢を問わず、どんなスーツにもマッチします。
ビジネスシーンだけでなく、アフターファイブにも活躍する男性のジュエリーです。
プレゼントとして贈られた方にはずっと身に着けてもらえる大切なものになります。
タイバーは年齢のないジュエリーだから永く使い続けられます。


おしゃれ 好感度 シーン



品質と価格には理由があります。
BizONの商品は山梨県の一流工房に直接製作依頼をしているので中間の商社もなく高品質な商品がお値打ち価格で提供できるのです。 職人さんが手作りするのでご購入後のメンテナンスや修理も安心です。

※ビズオンの商品はで仕上げていますので、銀磨き等の研 磨剤や研磨剤を浸透させたクロスをご使用にならないでください。



ネクタイピン カフス 日本 工房


メニュー

新規購入 ネクタイピン カフス セット ブランド タイピン シルバー 925 おしゃれ カフリンクス フォーマル 日本製 メンズ 高級 人気 タイバー チェーン付 かっこいい ビジネスマン 紳士 ギフト 貴金属 ボタン掛け:BizON(ビズオン)(bizon)

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

新規購入 ネクタイピン カフス セット ブランド タイピン シルバー 925 おしゃれ カフリンクス フォーマル 日本製 メンズ 高級 人気 タイバー チェーン付 かっこいい ビジネスマン 紳士 ギフト 貴金属 ボタン掛け:BizON(ビズオン)(bizon)

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上