テレビ 壁掛け 金具 金物 モニター 液晶テレビ TV ブラケット テレビ台 プラズマテレビ 角度調整 取付金具【LPA19-464X】

VESA規格 テレビ 壁掛け 金具 金物 モニター 液晶テレビ TV ブラケット プラズマテレビ 壁掛け金具



大画面テレビ壁掛けブラケット【LPA19-464X】
テレビ重量~45kg対応アルミ&チタン製壁掛けマウントです。
角度調整・前方スライド機能付き

アルミ&チタンを使用し、このサイズで6.3kgの軽量化を実現!


大画面テレビは壁掛けがぜったいお勧め!
壁掛けにすると↓↓↓
 
●お部屋が広く使えて高級感がアップします。
●TV台ではぜったい置けなかったサイズのTVも選べるように!>
●一番見やすい高さに設置できるので家族みんなで楽しめます!
●地震の時でも絶対に転倒しないから安心です!

●画面が手前に引き出せるので、より大画面で見たい場合やTV裏面の
  配線を変更する際に
とても便利です!


 

こんなに自由度の高い角度調整


天井(上)から見た視点です。
大画面TV壁掛けブラケット【lpa19-464x】

右から見た視点です。


上下15度、合計30度の振幅です。
大画面TV壁掛けブラケット【lpa19-464x】

eモンズレポート

アルミとチタンで軽さを追求!
このサイズで軽量化を実現!

当店で大人気の3Dモデルに またまた新製品が登場!取付後にテレビを上下左右に角度変更出来るのはもちろん、手前に引っ張ったり、壁側に戻したりが自由自在なので、裏の配線作業も楽々です。と、ここまでは当たり前なのですが、こちらのモデルは材質に軽量なアルミ、チタンを使用しており、重要な部分にだけスチール(鉄)を使う事により、軽量化を実現しています。以前に発売しました当店の同類品【PLB-WA3D】が11kgなのに対し  こちらは6.3kgと半分に近い重量になっており、アームの構造は最高級モデル【LPA02-684】と同じく 下から支える頑丈な構造となっています。 壁面のブラケット部分もブラスチックカバーで隠せる点は外観においてもスタイリッシュなデザインを受け継いでいます。私自身東芝製46インチテレビをこのブラケットで壁に取り付けて、気が付いた良い点があります。この商品は珍しく、取り付け下後にも簡単に左右回転が出来るんです。角度は左右で6度程度ですが、46インチのTVだとかなり傾けられる印象に見えました。特に自分で壁に取付した場合は、ちゃんと計ってもミリ単位で穴開けの位置がずれただけで、TV画面が平行にならず、その傾きが後々気になってしまうのですが、こちらの商品なら容易に修正が可能なので、素人取付にはありがたかったです。テレビメーカー純正オプション品には絶対に無い機能、デザイン、耐久性に優れた軽量タイプテレビ壁掛けブラケットを直輸入価格でどうぞ!※60インチを超えるシャープ製(AQUOSシリーズ等)のテレビは世界標準規格と異なる為に、背面穴の位置の幅が合わず取付出来ない事が多くあります。念の為間隔を計って頂き、合わない可能性がある場合は特大サイズ専用キットをお勧めします。

大画面TV壁掛けブラケット【lpa19-464x】


この他にも様々な壁掛けキットを取り扱っています↓↓↓
メニュー

想像を超えての VESA規格 テレビ 壁掛け 金具 金物 モニター 液晶テレビ TV ブラケット テレビ台 スタイリッシュ プラズマテレビ 壁掛け金具 角度調整 取付金具【LPA19-464X】

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

想像を超えての VESA規格 テレビ 壁掛け 金具 金物 モニター 液晶テレビ TV ブラケット テレビ台 スタイリッシュ プラズマテレビ 壁掛け金具 角度調整 取付金具【LPA19-464X】

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上