ウッディジョー 木製建築模型 1/150 姫路城 レーザーカット加工 リニューアル改良版

国宝姫路城は、梯郭式平山城で 姫山(標高≒46メートル)の上に、池田輝政(1601年慶長6年から9年をかけ築城する)により建てられ、
5重6階の大天守と3重の小天守(東小天守・乾小天守・西小天守)で構成され、各天守の間は2重の渡櫓で結ばれる「連立式天守」である。
大天守は2重の入母屋造りの建物を基部とする望楼型で、壁面全体が白漆喰総塗籠で造られ、入母屋破風・唐破風・千鳥破風の曲線が、
また窓には格子がはめ込まれ、唐破風下に出格子、西小天守・乾小天守には、火頭窓が用いられそれは、白鷺の舞いたつ姿を思わせ繊細で秀麗な城は、別名白鷺城といわれる。
1993年世界文化遺産に登録され、城郭遺構として軍事的、芸術的にも世界一の白亜の名城としてしられている。

人気モデルの姫路城を、組立構造から全面改良。飾台を設け、天守台の構造を一新。組立て易く正確に組みあがります。
石垣石は、単材加工された神代タモ材を、台紙の石垣模様の上に貼っていきます。
時間をかけてじっくり積み上げた石垣は、見ごたえのある姫路城の天守台となります。精密に加工されたレーザーパーツは、組立て精度がUP。
格子窓や懸魚(げぎょ)彫刻等、細部にわたり細かなパーツでスケール感を一層引きだたせます。
カラーの説明書はわかりやすく、組立てやすいキットです。パウダー(黄土)付き
*塗料・接着剤、パウダー(緑)はキットに含まれておりません。

■スケール:1/150
■制作所要時間(参考):約222時間
■完成品サイズ:高さ34.7cm×幅44cm×奥行き39cm
■素材:ヒノキ・シナ・神代タモ等の天然木 金属(ソフトメタル)
■商品内容:木製レ-ザ-部品47種、木製部品87種、金属3種、パウダー(黄土)、組立説明書、屋根型紙、石垣台紙
■メーカー:ウッディジョー


ログアウト
メニュー

在庫限り  ウッディジョー 木製建築模型 1/150 姫路城 レーザーカット加工 リニューアル改良版

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

在庫限り  ウッディジョー 木製建築模型 1/150 姫路城 レーザーカット加工 リニューアル改良版

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報