メ ー カ ー プロテック
商 品 名

FLT-322 LEDフォグライト 親機(REVセンサー付/遮光板無し)ボルト方向【左向】

品番

65322-L

商品内容

■HIDを超えた明るさと省電力
入力電力は28W、色温度は6000Kとなっております。明るさの目安としては、35W 6000KのHIDと比較して同等以上の明るさがあります。

■いきなり明るい素早い点灯
HIDと違い電源投入直後からフルパワー点灯します。またHIDのように徐々に発光色が変化する事がありません。

■バッテリーに優しい自動減光システム採用
本製品はディマーセンサー(自動調光システム)を搭載、エンジン回転センサーを採用しております。
日中周囲の明るさに反応してLEDの発行量を自動で減光しますので、日中はデイライトとして機能し、夜間は28Wフルパワーで点灯します。(減光状態と差は5倍です。)
また、エンジン回転センサー(RSE-01)を接続する事で、停車中アイドリング時にも減光します。

■走行風による強制空冷タイプ
本製品は、走行風を本体ユニット全体に当てる事でLEDの発熱を強制的に冷やす設計となっております。
例として時速36kmで風速10mの風で冷却されるため走行中はほとんど発熱しません。
停車中はREVセンサー(エンジン回転センサー)の働きで1/5減光しますのでほとんど発熱はしません。

■子機の増設が可能
別売の子機(REVセンサー無し)を接続する事で車体の左右に振り分けての取付けが可能です。

■質感の高いダイキャストボディ
本体は高級感あふれるダイキャスト製です。

○ボルト方向 : 左向き
○REVセンサー付
○親機
○遮光板無し


■定格電圧 : DC12V

■入力電力 : 28W

■色温度 : 6000K

■重量 : 420g

■外寸 : W70mm×H70mm×D103mm(突起部を除く)

■取付けボルトサイズ : M6×30mm

※本製品は、12V直流専用です。必ずDC12Vを電源とした配線を厳守してください。
小排気量車に多い交流発電車両のヘッドライト配線への接続は絶対に行わないでください。
交流電源を使用する場合は、別売りの交流直流変換アダプターが必要です。

※本製品の使用により生じた故障・事故などの損害については、プロテック社で一切責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

※修理の際に生じる脱着工賃やその他諸費用につきましては、プロテック社で一切責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

■JANコード : 4961421413335

適合

 

pbxlmp プロテック∇20081212-2

【在庫表示に関するお願い】

在庫表示は日々更新しておりますが、流動的な在庫になりますので【△残1個】や【△在庫少】の表示などの場合
購入のタイミングで欠品になる可能性もございます。そのような場合は何卒、ご了承下さいませ。

※在庫ありの商品は当日15時頃までの注文分は翌営業日に出荷可能となります。
※当日出荷には対応致しておりませんので予めご了承下さい。
※発送業務の混雑状況により記載納期を多少前後する場合がございます。予めご了承下さい。
ログアウト
メニュー

2020新作モデル プロテック FLT-322 LEDフォグライト 親機(REVセンサー付/遮光板無し)ボルト方向【左向】 65322-L:PartsBoxSystemJapan

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

2020新作モデル プロテック FLT-322 LEDフォグライト 親機(REVセンサー付/遮光板無し)ボルト方向【左向】 65322-L:PartsBoxSystemJapan

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報