【FALORNI / ファロルニ】
1980年にイタリア フィレンツェ近郊のガンバッシテルメにて靴のパーツなどを生産する工場としてスタートしたファロール社のオリジナルブランド。ブランドのトレードマークは手作業でメッシュ状に革を編み上げるイントレチャート。クリスチャンディオール(Christian Dior)、フェラガモ(Ferragamo)など多くの高級ブランドのバッグを手がけており、特にボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)のイントレチャートも製作していた事からもそのクオリティーの高さには目を見張るものがあります。ブランド設立当初はレディースバッグが中心でしたが、現在ではチェッキ・デ・ロッシ(CECCHI DE ROSSI)、ヴァレクストラ(VALEXTRA)、ザネラート(ZANELLATO)、ベルルッティ(BERLUTI)、ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)、ペローニ(PERONI)、フェリージ(FELISI)などと並びメンズバッグブランドとして高い人気を博しています。










ご紹介はファロルニ トートバッグです。ボッテガヴェネタをはじめとする数多くのメゾンブランドのOEM経験を持つ技巧派ファクトリーのファロルニだからこそ成せる、太い革と細い革を巧みに使った視覚芸術模様のイントレチャート(メッシュ編み)は他とは一味違います。編み目のしっかりとした凹凸感と上品な半艶の革がタフさとエレガントさを兼ね備えていてめちゃくちゃカッコいい。また、革の表裏をピッタリと合わせ銀面だけの紐状にすることで表からも内側からも同じような見た目になっていて、底板からファスナー付きを含む3つの内ポケットまで革でできていて中まで美しい。隠しマグネットで口も閉じることができて容量も十分にあり、さらには持ち手の長さを調節可能でトートにしても肩がけにしても自分好みのバランスにできるので使い勝手も抜群です。自信をもってオススメするイタリアのレザーバッグです。

ブランド:FALORNI/ファロルニ
1980年イタリアのフィレンツェ近郊にある、ガンバッシ テルメにて創業した「ファロール社」のオリジナルブランド、FALORNI(ファロルニ)。 設立当初は靴のパーツなどを生産する工場からスタートしましたが、レディース、メンズの両方のバッグコレクションを展開しています。CISEI(シセイ)やペッレモルビダ、チェレリーニ、ペローニ、ヴァレクストラが好きな方にもおすすめです。





































































■COORDINATE

MODEL DATA:height:178cm weight:70kg
BAG:


■INFORMATION
Brand FALORNI / ファロルニ
メニュー

【50%OFF!】 ファロルニ メンズ トートバッグ イントレチャート メッシュ バッグ 編み込み レザー 肩掛け 2WAY FALORNI イタリア製 【あす楽対応】【レ15】:VIAJERO 本店

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

【50%OFF!】 ファロルニ メンズ トートバッグ イントレチャート メッシュ バッグ 編み込み レザー 肩掛け 2WAY FALORNI イタリア製 【あす楽対応】【レ15】:VIAJERO 本店

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上